不動産売却取引における手数料

不動産売却というものは、不動産業者に取引仲介を依頼して行うのが普通となっていますから、そこには当然に業者への仲介手数料というものが発生します。

 

もっとも、仲介手数料とはいっても、これは不動産売却取引の仲介を行うだけで業者がその手数料を取れる、といったものではなく、あくまでもその売買取引が成立した場合にのみ発生するものなので、多数の業者に仲介を依頼して不動産売却を進めていたからといって、その分だけ仲介料が嵩むというわけではないのです。

 

その一方で、物件売買の仲介を行っている不動産業者の側にしてみれば、その不動産売買取引が成立した際には、その売り手と買い手の双方から仲介料を取ることができれば、その収益を倍にすることができるわけです。

 

これが不動産業界の用語で「両手」と呼ばれているものなわけですが、そうではなく、売り手や買い手の一方からのみ仲介料を取る場合のことは、同じく業界用語で「片手」と呼ばれています。

 

もっとも、この両手を成立させようとする際には、その不動産業者が売り手と買い手双方の取引を一手に仲介していなければ、当然に成り立たないわけですから、売り手側と買い手側の仲介業者が別々であるような取引の場合には、当然に片手ということになってしまいます。

 

ところが、不動産業者の中には、売り手と買い手双方の取引を仲介しておきながら、売り手の側からのみ仲介料を取るようにして買い手には有利な条件を提供することで、売買取引を成立させやすくしている、というところもあるわけなのです。

 

このような業者である場合には、買い手には仲介手数料なしをアピールすることで、それをセールスポイントにしているわけなのですが、実際にもそうした営業方針によって業績を上げている、といった業者は少なくないようです。

 

というのも、売却物件を購入する買い手にとってみれば、仲介料なしで物件を購入することができるために、そうした業者の仲介で取引を行おうということになるわけですから、確かにそのことで売買契約が成立しやすくなる、ということがあるわけなのです。

 

このように、仲介手数料を減らすことで、一見したところ損をしているように見えながら、その実、買い手にアピールできることで多くの売買取引を成立させることができて、結果的には業績を上げているという不動産業者もいるわけですから、ビジネスの損得勘定というものは一様なものではないと言えるのです。